酵素と老化の関係性

人は、それぞれ「潜在酵素」というものを持っており、生きていく過程で、
「消化酵素」「代謝酵素」に振り分けて使われていくことになります。

一生の間に使える潜在酵素の量は、決まっており、酵素が無くなると、人は生命活動を
維持することはできません。すなわち、死を迎えることになります。

潜在酵素の量が減っていくと、老化が始まることになります。

人は年をとれば誰しも老化するものですが、できるだけ、その進行を遅くしたいですよね。
その為には、酵素を無駄遣いせず、大事に使っていくことが重要になってきます。

例えば、インスタント食品や消化に悪いものを大量に飲んだり食べたりすると、
潜在酵素は大量の消化酵素を作り出さねばなりません。すると、代謝酵素は少ししか
作られないことになり、代謝が悪くる原因になります。

体に余分な脂肪を溜め込んだり、毒性のあるものを上手く排出できなかったりするのです。
なので、まず食事は食物酵素が豊富な食品を摂ることです。

消化する時、食物の持つ食物酵素が働きますから、殆ど体内酵素を使わずに済みます。
その分代謝酵素がしっかり働き、新陳代謝が良くなり、体も元気に、肌も綺麗になるのです。

また、体を老化させるものとして、「活性酸素」というものがあります。

人は酸素を吸込み、それが体内で活性酸素となり、体に入った悪い菌を除去してくれます。
しかし、過剰な活性酸素は体の細胞を酸化させ、老化を引き起こす原因になります。

活性酸素は、たばこや紫外線、激しいスポーツやストレスなどでも増えてしまうので
注意が必要ですが、活性酸素の除去に酵素が良いと言われています。

美容に効果がある酵素漢方の特徴